So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<子ども手当>振込先を間違えたまま郵送 苦情115件/長崎(毎日新聞)

 子ども手当を受給者の銀行口座に振り込むことを伝える通知に、振込先銀行名を間違えたまま郵送するミスがあったと、大村市が11日、発表した。銀行名をコンピューター入力した際、機械のプログラムミスが発生したという。市は正しい振込先を把握しており、間違えた銀行口座に手当が振り込まれることはないとしている。

 同市は子ども手当を15日に支給予定。通知を作成するため5月15日から振込先の入力作業を始めたが、その際、トラブルが発生。銀行名と支店名が誤って通知文書に記載された。

 市は、誤記されたままの通知を10日に郵送。受給予定の市民から「私の口座の銀行名ではない」などと約115件の苦情が寄せられ、発覚した。支給対象の約6400世帯の大半に誤記された通知が送られたらしい。

 市は13日以降、改めて通知文書を郵送する予定。再発送にかかる費用を市では数十万円とみている。

【関連ニュース
子ども手当:半額支給なら配偶者控除そのまま…玄葉担当相
子ども手当:満額断念「当初から無理」 冷めた反応や批判
長妻厚労相:「子ども手当満額断念」
民主党:主な新役員の会見要旨 玄葉政調会長
民主党:「脱小沢」路線を徹底 役員人事承認

京都・河原町阪急…閉店セール始まる (読売新聞)
父と小6次女が死亡か=店舗兼住宅で火災―愛知(時事通信)
菅首相の所信表明詳報(6)「税の番号制度導入を」(産経新聞)
「メンフィス」が4冠=D・ワシントンは主演男優賞―米トニー賞(時事通信)
淀川遺棄の相談電話放置、検証必要…警察庁長官(読売新聞)

ニセ女医、元夫は医師…勝手に免許持ち出す?(読売新聞)

 岩手県立宮古病院に循環器科医として着任予定だった医師が無資格だった事件で、医師法違反容疑で逮捕された大阪天王寺区、無職一宮輝美容疑者(44)の元夫が医師だったことが17日、捜査関係者への取材でわかった。

 一宮容疑者が、病院側に送った偽造の医師免許証の登録番号(医籍)が、元夫である医師の免許証のものと一致していたことが確認された。宮古署は、一宮容疑者が元夫の免許証を勝手に持ち出すなどして、コピーを保管していた可能性もあるとみて、公文書偽造にあたるかどうか、引き続き慎重に調べている。

 一宮容疑者は、同時に着任予定だった男性(38)分と合わせ計2通を病院にファクスしたが、もう1通の登録番号は実在しない可能性が高いこともわかった。

 複数の捜査関係者によると、一宮容疑者には結婚歴が数回あった。そのうちの1人が医師と判明したため、同署は今月8日の逮捕後、大阪に捜査員を派遣。この元夫からも事情を聴き、登録番号の確認を進めていた。

 一宮容疑者は、病院の求めに対し、一貫して医師免許証の提出を拒否していた。だが、4月30日深夜にファクスしてきた免許証には、公印がなかったり、厚生省(当時)の担当局長名が間違っていたりしていた。

“幽霊ホテル”やっと姿消す…19年野ざらし(読売新聞)
<デルタ航空>機内に不審者2人 成田に引き返す(毎日新聞)
足利事件弁護士が警察庁で講演=取り調べの高度化訴える(時事通信)
【月と太陽の物語】鳥取砂丘 「砂の惑星」に降り立った(産経新聞)
散歩中、女性刺される=命に別条なし―愛媛(時事通信)

辺野古修正案、自民も検討を=石破氏(時事通信)

 自民党の石破茂政調会長は6日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、都内で記者団に「自民党ならこうするというのを示さずに、5月末に(鳩山由紀夫首相に)辞めろと言うのは無責任だ」と述べ、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画の修正案を党としても検討すべきだとの考えを示した。現行計画は、自民党政権時代に米国と合意したものだけに、石破氏の発言には党内から異論が出る可能性もある。 

【関連ニュース
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

ハイレベル交渉に前向き=原発建設で越副首相−仙谷氏らと会談(時事通信)
雑記帳 銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
<地震>新潟・下越地方で震度3=午後6時18分(毎日新聞)
福島で全国最高33.3度=7日以降は雨も−気象庁(時事通信)
迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う(産経新聞)

「振り込め」口座用に保険証詐取=架空名義、容疑で2人逮捕−警視庁(時事通信)

 預金口座開設の本人確認に使うため、架空名義で健康保険証などをだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策総務課と群馬県警は20日、詐欺容疑で、IT関連会社社長宮本勝美(37)、無職薄衣義勝(38)両容疑者を再逮捕した。
 不正開設した口座の一部は振り込め詐欺に使われており、同課が解明を進めている。
 逮捕容疑は昨年1月30日、神奈川県内の保険事務所に、従業員を雇っているように届け出て、架空名義の保険証と年金手帳をだまし取った疑い。 

高速「原則無料に」 政権公約で民主研究会 消費税引き上げ示唆も(産経新聞)
無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)
<普天間問題>鹿児島県内への移設反対派が集会(毎日新聞)
放鳥トキ、新たに産卵か 別のペアは今週末にもひな誕生(産経新聞)
<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)

生徒の「セクハラ認知」進む 神奈川県立学校(産経新聞)

 神奈川県教育委員会が県立学校生徒に実施したセクシュアル・ハラスメントに関する平成21年度アンケート調査で、生徒から県教委に届いた回答が前回(18年度)の約6・6倍に上ったことが20日、分かった。ただ、被害件数は前回とほぼ同程度で、県教委は「啓発を行った結果、セクハラを認知する生徒や関心を持つ生徒が増えた」と分析している。

 調査は、県立高校と県立特別支援学校高等部の生徒約12万人を対象にアンケート用紙を配布。回答を原則無記名で、県教委に直接、郵送する形で実施した。

 回答した生徒は、調査対象の2・0%(前回0・3%)の2383人(同362人)。このうち、自分または他の生徒が被害を受けたと回答した生徒は216人(前回202人)で、県立学校でセクハラがあることが改めて分かった。

 自分が被害を受けた生徒に、どのような行為かを尋ねたところ(複数回答)、(1)「必要もないのに体を触られた」22・8%(2)「性的なからかいや冗談などを言われた」20・2%(3)「『女(男)にはまかせられない』『男(女)のくせにだらしない』などと性別により決めつけられた」13・1%−だった。

 前回は(1)「性的なからかいや冗談などを言われた」25・0%(2)「必要もないのに体を触られた」22・0%(3)「携帯などで性的なメールや画像を送られた」9・9%の順で、今回は性別による決めつけをセクハラと認知した生徒が増加したとみられる。

 こうした行為を行ったのは「生徒」が最も多く半数以上を占めたが、「先生」も21・5%、「部活動指導者」も9・3%いた。県教委は「引き続き啓発を行い、被害生徒を救済する体制を強化する。加害者が教職員であることは絶対に許されない」としている。

【関連記事】
学生へセクハラ疑惑…元日経の田勢氏、早大教授辞めていた!
「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分
「下着の色は何色?」 東大がセクハラ准教授を諭旨解雇処分
好きでたまらん!定年近い交通課長がセクハラ
スカート指定?全裸で廊下に?ツアコン残酷物語
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

医師養成数目標の見直しで合意−民主党第二分科会(医療介護CBニュース)
両陛下、日本国際賞授賞式に(時事通信)
心肺停止の男性死亡=都営バスに追突−東京(時事通信)
「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田(産経新聞)
原発建設ラッシュ、66基に=昨年から14基増−産業協会調査(時事通信)

九州電力設備に車突っ込む、長崎中心部で停電(読売新聞)

 18日午前6時50分頃、長崎市栄町の県道で、長崎県島原市の建設作業員男性(20)が運転していた乗用車が、歩道にある九州電力の送電設備に突っ込んだ。

 設備が破損し、一時、200世帯が停電した。同日午前10時現在も、17世帯が停電中という。

 現場は、長崎市中心部のマンションなどが立ち並ぶ一帯。長崎署によると、周辺の信号機も約2時間作動しなくなり、同署員が交通整理にあたった。信号機はすでに復旧した。

CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
避難率4割切る チリ大地震で防災相「ハザードマップ見直しを」(産経新聞)
<プラダジャパン>元部長が解雇無効の確認など求める(毎日新聞)
<春の園遊会>浅田さんら五輪メダリスト出席(毎日新聞)
「PLANET-C」チームの肩に乗る、手作りあかつきが欲しい件

相次ぐライター火災、経産省が安全規制へ(読売新聞)

 使用後のライターをポケットに入れたら残り火で発火するなど、不注意によるライターの火災事故が5年間に83件発生していることが13日、経済産業省所管の独立行政法人「製品評価技術基盤機構(NITE)」の調べで分かった。

 ライターを使った子どもの火遊びによる火災は全国で相次いでおり、同省ではライターの安全規制について5月中にも結論をとりまとめたい考え。

 NITEによると、ライターによる火災事故は2004年4月から09年3月までに132件発生。死亡事故1件、重傷事故9件のほか、車が全焼する事故も3件起きた。製品の欠陥による発火も26件あった。

 このうち、不適切な取り扱いが原因の火災は83件。目立つのは使用後にすぐライターをポケットにしまい、残り火で発火したケースで38件あった。また、車の床に落ちたライターの着火ボタンが電動シートを動かした際に押されたり、引き出しの中で開閉の際にボタンが押されたりするなど意図しない発火が16件、ガス漏れや炎の高さ調節などを誤ってやけどするケースが29件に上っている。

 ライターの安全性を巡っては経産相の諮問機関・消費経済審議会が昨年12月から子どもがライターを簡単に操作できないようにする安全装置の設置をメーカー側に義務付けるかどうか検討しており、5月中にも結論がまとめられる見通し。

ポーランド大統領死亡で弔電=鳩山首相(時事通信)
深夜の悲報、職員ら駆け付け=村本さん勤務のロイター通信−東京(時事通信)
NTT労組からの献金を返還=原口総務相(時事通信)
ルックスだけで23年!KANが最新アルバムの裏側を語る
藤井元運輸相、自民に離党届提出(読売新聞)

鳩山首相と小沢氏が会談=政権運営で意見交換(時事通信)

【写眼】薬師洋行「夢は続く」(2010年)(産経新聞)

 ■緊迫した「距離感」

 札幌(1972年)を皮切りに今年のバンクーバーまで取材した冬季五輪は11回に上る。夏季もアテネ(2004年)、北京(08年)と計2回。写真家の薬師洋行(64)は、世界の大舞台を撮り続けてきたスポーツ写真の第一人者である。

 中でも、スキー競技などウインタースポーツにこだわるのには、理由がある。雪深い富山県の出身。子供のころから身近だったことに加え、ダイナミックでスピード感あふれるスキーは、魅力的な被写体だからという。「ゲレンデのシュプールや、バッと立ち上がる雪煙などスキーヤーに“絵”を描かせる創造的なスポーツ。その様子をファインダーに切り取ることで独創的な作品ができる」

 バンクーバーでも上村愛子らスキー選手の躍動感に満ちた作品を数多く撮影し、展覧会で展示されている。しかし、この欄ではリュージュのスタート直前の1枚を取り上げたい。読者に、被写体との緊迫した「距離感」を味わってほしいからだ。

 スポーツ写真では多くの場合、望遠レンズが用いられる。邪魔にならないよう、遠くから狙うためだ。本作は、5メートルにも満たない位置から広角で撮られた。「選手の呼吸が分かるぐらい近くまで撮影エリアがあった」。リュージュは猛スピードで滑走する競技で危険も伴う。競技前の緊張感、メダルを狙う闘争心、そして不安…。そんな選手の複雑な心理がこの1枚に描写されている。(堀晃和)

                   ◇

 ■薬師洋行&Arthur THILL報道写真展「From“Sea to Sky”」

 31日まで東京・神田小川町のオリンパスギャラリー東京で。日休。無料。TEL03・3292・1934。バンクーバー五輪で写真家2人が撮影した48点を展示。4月15〜28日はオリンパスギャラリー大阪で。

社員のひげ「身だしなみ違反せず」=郵便事業会社に支払い命令−神戸地裁(時事通信)
<雑記帳>「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)
「宝物探しに行こう」 小5長男に見張りさせゴルフ場荒らし (産経新聞)
授業料返還、大学側逆転勝訴=推薦入試で入学辞退−最高裁(時事通信)
<防衛脱税>秋山被告に有罪判決 東京地裁「巧妙で悪質」(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。