So-net無料ブログ作成

ニセ女医、元夫は医師…勝手に免許持ち出す?(読売新聞)

 岩手県立宮古病院に循環器科医として着任予定だった医師が無資格だった事件で、医師法違反容疑で逮捕された大阪市天王寺区、無職一宮輝美容疑者(44)の元夫が医師だったことが17日、捜査関係者への取材でわかった。

 一宮容疑者が、病院側に送った偽造の医師免許証の登録番号(医籍)が、元夫である医師の免許証のものと一致していたことが確認された。宮古署は、一宮容疑者が元夫の免許証を勝手に持ち出すなどして、コピーを保管していた可能性もあるとみて、公文書偽造にあたるかどうか、引き続き慎重に調べている。

 一宮容疑者は、同時に着任予定だった男性(38)分と合わせ計2通を病院にファクスしたが、もう1通の登録番号は実在しない可能性が高いこともわかった。

 複数の捜査関係者によると、一宮容疑者には結婚歴が数回あった。そのうちの1人が医師と判明したため、同署は今月8日の逮捕後、大阪に捜査員を派遣。この元夫からも事情を聴き、登録番号の確認を進めていた。

 一宮容疑者は、病院の求めに対し、一貫して医師免許証の提出を拒否していた。だが、4月30日深夜にファクスしてきた免許証には、公印がなかったり、厚生省(当時)の担当局長名が間違っていたりしていた。

“幽霊ホテル”やっと姿消す…19年野ざらし(読売新聞)
<デルタ航空>機内に不審者2人 成田に引き返す(毎日新聞)
足利事件弁護士が警察庁で講演=取り調べの高度化訴える(時事通信)
【月と太陽の物語】鳥取砂丘 「砂の惑星」に降り立った(産経新聞)
散歩中、女性刺される=命に別条なし―愛媛(時事通信)

辺野古修正案、自民も検討を=石破氏(時事通信)

 自民党の石破茂政調会長は6日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、都内で記者団に「自民党ならこうするというのを示さずに、5月末に(鳩山由紀夫首相に)辞めろと言うのは無責任だ」と述べ、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画の修正案を党としても検討すべきだとの考えを示した。現行計画は、自民党政権時代に米国と合意したものだけに、石破氏の発言には党内から異論が出る可能性もある。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

ハイレベル交渉に前向き=原発建設で越副首相−仙谷氏らと会談(時事通信)
雑記帳 銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
<地震>新潟・下越地方で震度3=午後6時18分(毎日新聞)
福島で全国最高33.3度=7日以降は雨も−気象庁(時事通信)
迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。